monoist(s

for Japanese Windows

Macで仮想オーディオデバイス「VB-CABLE」を使うときの使い方

先日、Apple Musicの音量を整えるために、VB-CABLEを使う方法を解説しました。

www.monoists.com

最近、配信などでこの仮想オーディオデバイスを使いたいというニーズが高まっているようですので、この記事では「VB-CABLE」の使い方を解説していきます。

Macに仮想オーディオデバイス「VB-CABLE」をインストールする

Mac用の仮想オーディオデバイスとなると、「loopback」が有名ですが、基本的には有料のアプリで、無料版だと30分しか使えません。

www.monoist.work

 

そこで、仮想オーディオデバイスをひとつだけ使うなら、この「VB-CABLE」が無料で使えるので、これを使っていきましょう。

vb-audio.com

 

上記のサイトにアクセスすると、Windows版とMac版がダウンロードできるので、Mac版をダウンロードします。

Mac版をダウンロード

ZIPファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックして解凍します。

ダブルクリックして解凍

 

解凍されたフォルダにはDMGファイルが入っています。

新しいほうのDMGファイルを開くと、インストーラーが入っているので実行します。

インストーラーが入っているので実行

 

あとはインストーラーに従っていけば、インストールは完了です。

インストール完了

MacでVB-CABLEを使うときの使い方

VB-CABLEを使うときには、Mac全体の音声出力先をVB-CABLEにします。

VB-CABLEにする

 

そして、仮想オーディオインターフェイスを通して、配信や録音したいアプリを起動します。このアプリの入力側として「VB-CABLE」を設定すれば、Macから出力された音の全部がアプリに入力されます。

Logic Pro設定

例えば、Logic Proの入力デバイスとして「VB-CABLE」を指定すれば、Macの音声が全てLogic Proに入力されます。

つまり、MacのスピーカーとしてVB-CABLEを使って、MacのマイクとしてVB-CABLEを使うので、このようになるイメージです。

VB-CABLEのイメージ

この「VB-CABLE」は実際には存在しない仮想のオーディオデバイスですので、仮想オーディオデバイスと呼ばれます。

MacでVB-CABLEの音質を設定する

VB-CABLEの音質などを設定するときには、「Launchpad>その他」にある「Audio MIDI設定」を開きます。

Audio MIDI設定

 

ここで例えば「2ch 32ビット 48.0kHz」に設定します。

48kHz

 

これで、録音アプリや配信アプリ側も48kHzの入力にすれば、音質が設定できます。

 

ちなみに右クリックして「このサウンド出力装置を利用」とすれば、この画面からでもVB-CABLEが使えます。

このサウンド装置を利用

MacからVB-CABLEを削除する(アンイストール)

VB-CABLEを使わないので削除したい、となるとちょっと面倒です。

まあ、ドライバを削除するだけなのですが……。

 

VB-CABLE(ドライバ)は「/Library/Audio/Plug-Ins/HAL」の中にあります。

/Library/Audio/Plug-Ins/HAL



この「VBCable.driver」をゴミ箱に入れて削除して、再起動するとアンイストールの完了です。

アンインストールの完了