monoist(s

for Japanese Windows

無料のDAWを使って音声録音をする方法(CakeWalk by BandLab)

Windowsなら無料のDAWがありそう…と探してみたところ、このCakewalk by BandLabが一番良さそうです。

www.bandlab.com

今回はこのアプリを使って、実際にYouTubeなどのナレーションで使えるような音声を録音する基本的な使い方を解説していきます。

Cakewalk by BandLabをインストールする方法

CakeWalkは元々古くからあるDAWなのですが、今はオンラインで作曲するBandLabがメンテナンスをしてくれています。そのためインストールがちょっと特殊です。BandLabからダウンロードしてインストールすると、BandLab Assistantというアプリがインストールされます。

 

このアプリの「Apps」の「Install」ボタンを押すとCakeWalkがインストールできます。

Install

 

Cakewalkのダウンロードが終わったらインストールが始まりますので、「次へ」で進んでいけばインストールされます。

CakeWalkのインストール

 

Cakewalk by BandLabがインストールできない場合……

このBandLab Assistantがちょっとやっかいなアプリで、Installができずに「Update」ボタンしかない場合があります。

Update

 

この場合はレジストリエディタで以下のの項目を消去するしかありませんので参考にしてください。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Cakewalk Music Software
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Cakewalk Music Software
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Cakewalk Music Software

Cakewalk by BandLabで音声を設定する

Cakewalkを起動したら、新規プロジェクトの「Vocals.cwt」を選択します。

新規プロジェクト

 

YouTube音声の場合、基本的にエコー(リバーブ)は必要ないのでオフにしておきます。

リバーブオフ

 

「編集>環境設定」でマイクの入力に間違いがないか確認します。

マイクの入力確認

 

YouTubeの音声でも、コンプレッサーはほぼ必須ですので先に追加しておきましょう。

FXの「+」をクリックして、「オーディオFXの挿入>Dynamics>Sonitus Compresser」を追加します。

コンプレッサーの挿入

 

マイクに声を入れてみると音声が入力されていると思います。

音声入力

矢印のところにある「モニター」のボタンをオンにすると、モニタリングのヘッドホンから音が出るようになります。モニタリングにスピーカーを使っている場合は、ハウリングを起こす可能性があるので注意してください。

 

Ratioをだいたい3~5くらいにしておいて、inputのところのつまみ(Threshold)を声の大きさくらいにまで下げていきます。

RatioとThreshold

声がちょっとコンプレッサーのカーブにかかるくらいにします。

 

Gainのところのつまみをちょっとずつあげていくと声が大きくなると思います。

Outputで-8〜-12くらいにに収めるとちょうど良い声の大きさになります。

声の大きさ

 

これで音声のセッティングは完了です。「❌」で閉じます。

閉じる

 

だいたいの目安として、ダイナミックマイクを使っているとちょっとホワイトノイズが聞こえるくらい、コンデンサーマイクを使っているならギリギリ聞こえないくらいになると思います。実際にYouTubeにアップしてみるとノイズは気にならないくらいになります。

 

ノイズが大きすぎるようであれば、おそらく原因はオーディオインターフェイスのGAINを上げすぎていることです。オーディオインターフェイスで大きさを稼ぐのは最小限にしておいて、DAWのほうで音量を稼ぐほうがノイズが少なくて済みます。

Cakewalk by BandLabで音声を録音する

では実際に音声を録音してみましょう。

矢印のところにある「録音待機」ボタンをオンにしてから、「●」録音ボタンを押すことで音声を録音できます。録音の停止は「■」停止ボタンです。

音声の録音



録音した音声を再生して聴くときは、「録音待機」ボタンをオフにしてから再生ボタンを押します。

音声の再生

 

音声の設定のときにコンプレッサーを設定しているので、聴きやすい音声になっているはずです。コンプレッサーの設定はもっとこだわってもいいのですが、まずはコンプレッサーが使えるところから練習していきましょう。

 

DAWを使えるようになるのはなかなか難しいので、DAWを使わない方法も解説しました。

www.monoists.com